クルマの廃車・買取専門店ハイシャ市場

お役立ち情報ブログBlog

廃車費用って結局いくらかかる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

廃車をする場合にもっとも気になるのは廃車費用は全部でどれくらいかかるか、という点です。
現在乗っている自動車を廃車にする場合の手続きには

・車を完全に解体し処分する永久抹消
・一時的に登録を停止、必要時に車検を取り直せば再度乗ることが出来る一時抹消

こちらの2通りの手続きがあります。
しかし廃車費用がいくらかかるかはそれぞれの状況によって異なります。
一概には言えませんが、ここでは廃車時にかかる一般的な費用についてご紹介しましょう。

普通車と軽自動車では違う?

普通車も軽自動車も廃車手続きの際に必要な費用は

  • 車の解体費用
  • リサイクル料金
  • 廃車手続きの書類作成費用

となっています。

廃車する車の解体費用は普通車・軽自動車ともに約1万円ほどですが
リサイクル料金は自動車を購入する時に支払っていれば、廃車手続きの際の支払いは不要です。
支払っていない場合は、普通車が約1万・軽自動車が約8千円ほど必要となってきます。

また廃車する車を解体業者まで自分で持ち込めば費用は無料なのですが、
レッカーなどで移動しなくてはいけない場合は移動費用が必要です。

書類作成費用は自分で行えば、普通車の永久抹消の場合は用紙代の負担で済みます。
普通車の一時抹消の場合は一時抹消登録手数料と用紙代がかかります。
軽自動車の場合は一時抹消の場合のみ手数料がかかります。

手続きを自分で行わずに行政書士などに手続きを代行してもらった場合は、手間は省けますがこちらも別で費用は必要となります。

自分で行う?依頼する?

上記の通り廃車しようと思っても、多くのケースで料金はかかってくることが多いです。

それでも解体業者へ車を持ち込むのが面倒であったり
自走不能・車検切れなどで持ち込めなかったり…色々な事情があるかと思います。

ただ解体する場合は解体業者によっては鉄クズ代金としてお金がもらえる場合があります。
場合によっては費用がかかるどころか、多少プラスになる事もあります。
そこで廃車専門業者に買い取ってもらえたら、手続きや解体を無料で行ってもらえる上に買い取り費用までもらえる場合があります。

廃車の手続きには時間と労力がかかるので、
より廃車にかかる時間と費用を節約されたい方は、専門業者に見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。