クルマの廃車・買取専門店ハイシャ市場

お役立ち情報ブログBlog

名義が違う車の廃車にしたい時はどうすればいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・未成年だったため所有権は親の名義にしていた
・親戚や知人の車を譲り受けた
・所有者が亡くなった

など、例え譲ってもらった車でも自分が所有者であることが証明できなければ廃車にできないのです。

しかし、やむを得ず他人名義の車を廃車にしなければならない場合もあります。
いくつかのパターンごとに、その際に必要な手続きについて説明します。

家族や親戚、知人名義の車の廃車

未成年だったため所有権は親の名義にしていた、知人の車を譲り受けたなど
人から車を譲ってもらった際に名義変更をし忘れていたケースです。
いくら何年も乗り続けていて実質自分の車だと主張しても、他人名義のままではどうしようもありません。
個人が所有者のときには、所有権者の以下の書類が必要になります。

・印鑑証明
・印鑑証明と同じ実印
・譲渡証明書

どんなに親しい間柄で両者に合意の事実があったとしても、書類として証明しなくてはなりません。

所有者がいない場合の車の廃車

本人が亡くなっている場合と連絡が取れない場合とでは、手続きの方法が大きく異なります。

祖父が亡くなったので車を廃車にしたいという場合には、
普通自動車は資産となりますので、廃車にする前に車の所有者を決めなくてはなりません。
新しい所有者が決まったら、上記書類に加えて

・遺産分割協議書
・戸籍謄本
・除籍謄本

が必要となります。

ただし軽自動車は資産としては扱われないので、相続手続きは必要ありません。
相続人であれば誰でも簡単に名義変更が行えます。
これは軽自動車の価格が比較的低く、相続税争いの原因にはならないと認識されているためです。
なお、名義変更が終了した軽自動車は通常の方法で廃車手続きが行えます。

例外として所有者と連絡が取れない場合の車の廃車手続きは、非常に厄介です。
原則として廃車の権限は所有者にありますので、使用者が勝手に廃車にすることはできません。
たとえ私有地に勝手に駐車されて、誰のものかも分からない放置車でも同様です。

所有者が法人やローン会社の場合の車の廃車

車をローンで購入した場合は基本的に所有者がローン会社やディーラー、販売店の名義になっています。
廃車にするには以下の書類を用意し、所有権の解除を行う必要があります。

・車検証
・印鑑証明
・印鑑証明と同じ実印
・完済証明

できればローンを返済し終えてから廃車の手続きを行うのが望ましいでしょう。
普通はローン完済前の車を廃車にはしないでしょうが、
事故や災害に巻き込まれてそうせざるを得ない状況が絶対にないとは言い切れません。
そのような場合は、ローンの残りを一括返済すれば、所有者の名義変更に応じてくれるでしょう。

状況によって提出物は変わってくる

車を廃車にする行為は何回も経験するものではありません。
他人名義の車や印鑑証明と車検の住所が違っている場合など、
様々なパターンの必要書類があり実際は分かりにくいものです。

手続きも平日に行わなくてはならなかったり、書類をそろえるのはかなり面倒に感じる方も多いのではないのでしょうか。
一度、車の売却先に相談してみることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。