クルマの廃車・買取専門店ハイシャ市場

お役立ち情報ブログBlog

車検切れ・所有者がいなくなった…自動車税の請求を止める手続きって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車税(普通自動車)は、毎年、車種・排気量に応じて請求が来ます。
ナンバーを取得していると永遠に払わなくてはならず、
昔は車に乗っていなくてもナンバーが付いていると毎年、延々と請求が来ました。

現在は、もしナンバーが付いていても、車検をうけないと自動車税の請求がストップします。
(但し軽自動車税は請求が続くところが大半のようです。管轄の各市町村により異なります)

  • 事故にあって今後乗れそうにない。
  • 所有者が亡くなった or 既に亡くなっている。
  • 動かなくなってしまった車をそのまま放置してある。
  • 車検が切れたままになっている。

等、無駄な税金を払わなくするためにも一刻も早く廃車手続きをした方が良いです。

自分で行う廃車手続きの方法

簡単に方法を説明しますと…

1.スクラップ工場や解体業者で車を解体する
2.廃車手続きに必要な書類を集める
3.陸運局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)で廃車手続きを行う

陸運局や自動車税を止める手続きをするための役所関係が平日しか業務を行っていないので、
いろんな意味で手間と時間が掛かります。

 自動車税の課税を止める方法

車検切れ・使用する予定のない自動車を所有しているのであれば
抹消登録手続きを行えば自動車税の課税は止まります。

自動車税の納税通知書は、車検証に記載してある住所・氏名の元に送られますが
既に引っ越している場合でも、車検証の住所を変えなければ送付先の変更も行われません。

自動車税の還付を受けるには

自動車税は4月1日時点での自動車の所有者にその年の1年分、課税されます。

自動車税を収めた後に抹消手続きを行った場合、払い過ぎた自動車税は戻ってくるのでご安心下さい。
年度の途中で抹消手続きを行った場合、残月分が月割りで還付されるのです。

自動車税の納税通知書は、一般的には毎年5月上旬頃に発送され手元に届きます。

その時点で抹消手続きを行う場合には、手続きを行った翌月分より還付の対象になります。

 

 車検がまだ残っているけど?

車検が残っていても車を廃車したことがを証明する解体証明があれば
それを県税事務所に郵送すると自動車税がストップできます。

ただし解体証明による課税を止める手続きは、県によって変わってきます。
お住まいの場所によって違いますのでそれぞれの県税事務所にお問合せください。

損をしない為には

いずれにせよ、自動車税の請求を止めるには廃車処分・売却など早めの行動をオススメします。

トータル的なコストパフォーマンスを考えると、専門業者に依頼する方が費用も時間もかからない可能性が高いです。
一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。