クルマの廃車・買取専門店ハイシャ市場

お役立ち情報ブログBlog

廃車に必要な書類って何を用意すればいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

廃車の手続きを行うには様々な書類が必要ですが
その廃車手続きの種類によって用意する書類が変わってきます。

・永久抹消登録
・一時抹消登録
・解体届出

また上記の手続きの際に車検が切れている・車検証の名前が違うなどの場合は
更に違う書類や手続きが必要になる場合があります。

ここでは普通自動車の廃車に必要となる書類を紹介します。

普通車の永久抹消登録の時に必要な書類

普通車の永久抹消登録の時に前もって自分で準備する書類はこちらです。

・所有者の印鑑証明書・印鑑証明書と同じ実印
車検証に記載されている人(所有者)のものでなくてはなりません。
所有者がローン会社・車の販売会社になっている場合、前もって所有権解除を行います。

・ナンバープレート

・車検証
車内に保管してあるかと思いますが、記載してある住所が印鑑証明書と異なっている場合には
車検証とは別で「住民票」が必要となります。
氏名が変わっている場合は戸籍謄本・抄本が別で必要です。

・移動報告番号と解体通知日の書かれた書類
こちらは車を解体した時に解体業者から報告されます。
万が一、書類を紛失してしまっても番号と日付が分かっていれば問題ありません。

・自動車重量税還付申請書
車検が1ヵ月以上残っている場合のみ、自動車重量税額が還付されます。

・リサイクル券
解体報告記録がなされた日・車台番号・移動報告番号が必要です。
紛失してしまっても再発行が可能、もしくは自動車リサイクルシステムのホームページで
自動車リサイクル料金の預託状況の確認が可能です。

・マイナンバー(社会保障・税番号)の個人番号カード又は通知カードのコピー

上記の書類を前もって準備し、当日に陸運局で処理する書類がこちらになります。

  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

普通車の一時抹消登録の時に必要な書類

普通車の一時抹消登録の際に、前もって自分で用意しておく書類はこちらです。

・所有者の印鑑証明書・印鑑証明書と同じ実印
車検証に記載されている人(所有者)のものでなくてはなりません。
所有者がローン会社・車の販売会社になっている場合、前もって所有権解除を行います。

・ナンバープレート

・車検証
車内に保管してあるかと思いますが、記載してある住所が印鑑証明書と異なっている場合には
車検証とは別で「住民票」が必要となります。
氏名が変わっている場合は戸籍謄本・抄本が別で必要です。

上記の書類を前もって準備し、当日に陸運局で処理する書類がこちらになります。

  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書

一時抹消登録申請書は今後二度と乗らない・再度走れるようにしたい等など、いずれの手続きの際も必要となりますので紛失しないようにしましょう。

普通車の解体抹消の時に必要な書類

普通車の解体抹消の際に、前もって自分で用意しておく書類はこちらです。

・一時抹消登録証明書
一時抹消登録の際に発行された書類です。

・移動報告番号と解体通知日の書かれた書類
こちらは車を解体した時に解体業者から報告されます。
万が一、書類を紛失してしまあっても番号と日付が分かっていれば問題ありません。

・リサイクル券
解体報告記録がなされた日・車台番号・移動報告番号が必要です。
紛失してしまっても再発行が可能、もしくは自動車リサイクルシステムのホームページで
自動車リサイクル料金の預託状況の確認が可能です。

・自動車重量税還付申請書
車検が1ヵ月以上残っている場合のみ、自動車重量税額が還付されます。

自分で手続きを行うにあたって

各種申請書や必要書類などに記入するのは初めての方も多いかとは思います。
どこに何を書けばいいのか分からない場合も多く、思っているよりも面倒で時間がかかる可能性も否めません。
そして一番のネックは月末は陸運局での手続きは込み合う可能性が大です。

永久抹消登録や解体抹消の手続きは、解体業者が無料で手続きを行ってくれることもありますので
思い切ってお任せするのも賢い方法かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。