クルマの廃車・買取専門店ハイシャ市場

お役立ち情報ブログBlog

廃車するときのガソリンの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

廃車する日は決まっているけど、ガソリンが残ってしまったという経験はありませんか?
今回は車を廃車するときに残ってしまったガソリンの対処の仕方についてご紹介します。

解体する車の中に、ガソリンが入っていても問題はないの?

解体業者は、車を解体する前にガソリンが入っていないかどうかを確認してから解体作業を行ないます。
もしガソリンが入っている場合は、まずガソリンを抜く作業から始めます。
ガソリンが入ったまま車の解体を行なうと、ガソリンが漏れて引火する可能性があるからです。
ですので、解体業者は車からガソリンを抜き取って作業しますので、
車を解体する場合はガソリンが入ったままでも問題はありません。

 

廃車する車に入っているガソリンを自分で抜くことは可能?

ガソリンが満タンの状態で車を解体業者に預けるのはもったいないので、
自分で抜きたいけど危険なのでできないのではないかと思う方も多いのではないでしょうか。
実は、ガゾリンを自分で抜くことが可能です。
ガソリンを抜く方法としては、給油口から抜く方法と、燃料タンクから抜く方法があります。

給油口からガソリンを抜く方法

灯油の補充に使うポンプを使う方がおられますが、ホースの長さが足りないので灯油用のポンプを使うことはできません。
ただこの方法だと仮に燃料が満タンに入っていたとしても、ガソリンは少ししか抜き取ることができません。
具体的にどれくらい抜き取ることができるのかは車種によって異なりますが、
場合によっては10リットル以上のガソリンが燃料タンクに残る場合があります。
しかし、給油口からガソリンを抜き出すこの方法が一番安全な方法です。

燃料タンクからガソリンを抜く方法

車をジャッキであげることが必要になるのと、作業のときに周りにガソリンがこぼれる可能性がありますので要注意です。
燃料タンクの下の燃料フィルターのラインを外して燃料を抜きます。
下から抜くということはガソリンを残量なく抜くことは可能です。
ただガソリンは危険なものであり慎重に取り扱わなければならないものです。
下からガソリンを抜いた場合は、ガソリンだけでなく燃料タンク内の汚れが一緒に流れ出して、燃料にゴミが混ざります。
この状態で抜いたガソリンを、次の車にそのまま利用すると、次の車のエンジンが悪くなる可能性もあります。
自分でガソリンを抜きとる場合は、これらのことに気をつけながら作業することをおすすめします

 

まとめ

先ほどは自分でガソリンを抜く方法を2つご紹介しましたが、ガソリンを扱うということは同時に危険がともないます。
もし不慣れで自分でできないと思ったら、決して無理をせずに解体業者に頼みましょう。
解体業者が抜き取ってくれたガソリンは基本的に処分することになりますが、
次の車に抜き取ったガソリンを使いたい場合は、解体業者に相談すると、相談に応じてもらえるでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。