クルマの廃車・買取専門店ハイシャ市場

お役立ち情報ブログBlog

廃車証明を紛失した場合どうすればよい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも廃車証明書とは?

「廃車したことを証明する書類」のことで、「登録番号」や「車台番号」「所有者名」「車の型式「抵当権の有無」や
「盗難届の有無」「税金滞納による差押の有無」等が記載されているものになります。

廃車証明書の種類によって、再発行手続きが違う

廃車証明書の種類

普通自動車の廃車

永久抹消登録・・・「登録事項等証明書」
一時抹消登録・・・「登録識別情報等通知書」

軽自動車

返納届出・・・「自動車検査証返納証明書」

登録事項等証明書の再発行

登録事項等証明書については、陸運支局等で、いつでも発行して貰う事が出来ます。

【必要な情報】

①ナンバープレートの番号
②車台番号の下7桁

一時抹消登録証明書の再発行

基本的には再発行することは難しいです。
ですが、登録者は5年間登録情報が保持されていますので、
5年以内であれば、登録事項証明書請求手続きを運輸局で行い、「登録識別情報等通知書の遺失等に係る新規検査、登録申立書」が
もらえますので、車検をして新規登録をすることができます。

自動車検査証返納証明書の再発行

こちらの書類をなくした場合はかなり面倒な手続きが必要になります。

【必要書類】

①自動車検査証返納証明書紛顛末・誓約書
②新規検査願出誓約書
③譲渡証明書
④車台番号の拓本
⑤印鑑証明書
⑥実印

手続きが完了するまでに1週間程かかります。

廃車証明書は様々な場面で必要になります

廃車証明書は、

・自賠責保険を解約する
・自動車保険(任意保険)の中断処理を行う
・一時抹消登録した車を再登録する

上記の手続きをする際に必要になります。
登録内容によっては、かなりの手間と時間を要しますので、なるべくなくさないように大切に保管しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加