クルマの廃車・買取専門店ハイシャ市場

お役立ち情報ブログBlog

<How to> 外車の廃車方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般に外車と呼ばれる車とは

・海外のメーカーの車
・日本のメーカーが海外仕様で造った車

のことを指します。

仕様が日本とは違いますが、車両登録に関しては国産車も外車も変わりありません。
正規に輸入された車であれば、廃車時にも何も問題はなく手続きも国産車同様です。

そもそも外車って?

外車とは海外で生産され日本に輸入された車のことです。
外車=左ハンドルと思われがちではありますが、日本で出回っている外車のほとんどは右ハンドルです。

欧米やアジアメーカーの車でも、日本のナンバープレートを付けて日本の道路を走っていた車であれば、
たとえ外車であろうとも国産車と同じ手続きで廃車にすることが可能です。
なぜなら、外車であっても日本の法律である自動車リサイクル法に沿ってリサイクル料金を支払っているからです。

外車の廃車手続き

外車を廃車方法は、国産車と同じく2種類の手続きがあります。
暫くのあいだ車を使用しない場合の一時抹消登録と、
その車を二度と車を使用しない(=スクラップにする)という永久抹消登録です。
手続きの方法は普通車の場合と変わらず同じ手続きとなります。

「外車だと廃車手続きを代行してもらうのも高くなるのでは…」という心配される方もいらっしゃるかと思いますが、書類の上では外車も国産車も変わりません。
ですので、もちろん廃車代行の料金も特別高くなることはありません。

廃車にする前に

外車は国産車と比べて高く売れる傾向にあります。
場合によって廃車寸前のボロボロな車でも10万円以上の値が付くこともあります。
廃車にするのは価格が付かないと分かった後でも遅くありません。
手続きも代行してくれる場合が多く外車だから手続きも面倒かも…というような不安も無用です。

諦める前に業者へ一括査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。